JTBパブリッシング

50代からの旅と暮らし発見マガジン

定期購読のお申し込みはフリーダイヤルまで 0120-26-4747

人気の特集

目の前の竈で炊き上げたご飯とブランド牛「但馬玄」を堪能

有馬温泉 ホテル花小宿

文=清塚あきこ 写真=廣森完哉

歴史ある木造建築の宿なのでどこもすてきですが、特に神戸開港期の外国人専用ホテルの風情を感じられる2階の洋室がおすすめ。
竈や炭火で調理し、熱々をカウンターで味わえる食事は割烹料亭にいるような喜び。
明石浦漁港でせり落とした魚介や、但馬牛、自家栽培の野菜や米など、上質な素材を使った料理はしみじみとおいしい。

日本最古の温泉・有馬で
最も小さな和風ホテル
自分を癒やすための旅に欠かせないものといえば、やはり、身も心も楽しませてくれるおいしい食事。上質な温泉に浸かり、その土地の素材を生かした料理を味わえば、それだけで満足度の高い旅になる。また、ひとり旅ならば小さめの宿を選ぶことをおすすめしたい。ほどよい距離感で人の気配が感じられるため、安心して「ひとり」を満喫できるから。兵庫県の有馬温泉にあるホテル花小宿は、そんな美食を求めるひとり旅にぴったりの宿だ。

ホテル花小宿は、文豪・谷崎潤一郎〈たにざきじゅんいちろう〉の『細雪〈ささめゆき〉』に登場する「花の坊旅館」の跡地に建てられた旅館を、有馬で最も古い歴史をもつ宿、陶泉御所坊〈とうせんごしょぼう〉の15代目金井四郎兵衛〈かないしろうべえ〉氏が引き継いで平成11年(1999)に開業。和室にベッドというレトロな客室で過ごせば、神戸開港期には外国人も多く訪れたという、在りし日の有馬温泉のエキゾチックな風情に浸れる。

お待ちかねの夕食は、ほの暗い空間に重厚なカウンターが印象的な食事処で。ここでいただけるのは、神戸ビーフの中でも特に希少な但馬玄〈たじまぐろ〉の炭火焼きが付いた山家〈やまが〉料理。もちろん、明石の魚介や旬の野菜も存分に味わえるが、ここでの主役は羽釡〈はがま〉で炊き上げるご飯だ。「何よりもおいしいご飯を召し上がっていただきたい」と料理長の松岡兼司〈まつおかけんじ〉さん。白い湯気が上がるお竈〈くど〉さんの向こうから、「ご飯が欲しいタイミングを教えてください」と優しく声をかけてくれる。そう、すべての料理は、ご飯をおいしく食べるためにある。有馬の名湯と炊きたてのご飯。日本のよさを満喫できるひとり旅だった。

(ノジュール2021年12月号からの抜粋です。購入希望の方はこちらをご覧ください。)
ご注文はこちら